HOME >  J-REIT(不動産投資信託)との比較

J-REIT(不動産投資信託)との比較

小額から出資可能な不動産投資、J-REIT。不動産投資ファンドと比較してみました。

J-REITと他の不動産投資ファンドを比較

株式や為替よりも安定性があり、預貯金よりも金利が高いことから、不動産投資を行う人が増えています。 しかし、ビルやマンションなどの不動産は非常に高額で、直接不動産へ投資するには多額の資金が必要です。そこで、小口化された、誰にでもできる不動産投資が注目されています。

J-REITとは

企業は、事業の拡大のために、不動産を購入します。そして、SPCという資産の器のような形態の会社を作り、その会社で不動産を管理します。そしてそのSPCを上場させて、不動産を小口化した証券を発行します。そして私たちはその証券を購入することで、小額での不動産投資ができます。これはJ-REITという不動産投資です。

もうひとつの不動産投資ファンド

不動産投資ファンドを利用して、小口の不動産投資をする方法にはもうひとつあります。 法律で許可された営業者が購入する不動産に、共同出資という形で投資するものです。いわゆる、不動産の共同購入です。物件の管理などはあくまで営業者が行うので、手間もかかりません。これは不動産小口化商品といい、商品を購入するような感覚で不動産投資ができるので、その手軽さも魅力です。 以下に、二種類の投資方法を比較しています。
投資方法 J-REIT 不動産
小口化商品
共通の特徴 ・配当、利回りが高い
・インフレに強い
・小口化されているので比較的手を出しやすい
・不動産への直接投資とは異なり物件の管理などをする手間がない
メリット
デメリット
・証券所で取引されているので、株式ほどではないが需給によって値動きがある
・証券価値が下がった場合、分配金も減る可能性がある
・市場で取引されていないので値動きが少ない
・分配金や元本が減る可能性が低い
どちらも不動産投資ならではのメリットは共通ですが、大きな違いは、上場しているかどうかです。 預貯金の代わりに不動産投資をされる方もいます。そのように、価値が変動しにくく、安定した分配金を得られることが、不動産投資独特の魅力ですよね。なので、証券価格の変動リスクがなく、より安定している、不動産小口化商品をおすすめします。株取引などで投資を行っている方には、J-REITの方が向いているかもしれませんね。