HOME >  都市綜研インベストバンクの噂を解明

都市綜研インベストバンクの噂を解明

終身雇用が保障されない時代ですから、自分の将来は自分で考え、責任を持たなくてはなりません。リストラや収入減に陥ったときのために、本来の仕事以外にも収入があれば安心ですね。

そのために、副業として週末起業をしたり、資格取得でさらなる収入増を考える方も少なくないでしょう。また、財テクで収入確保を目指す方もいらっしゃると思います。

しかし、ほとんどの会社でアルバイト等の副業は禁止していることでしょう。そこで思いつくのが投資などの資産運用です。ですが、株式は常に市場に目を光らせておく必要があります。FXはハイリターンで、資産に余裕のある方でないと怖くて投資できません。

都市綜研インベストバンクとは

「都市綜研インベストバンク」とは、「みんなで大家さん」という投資商品を取り扱っている企業の名前で、都市綜研インベストファンドが大元ですが、現在は「みんなで大家さん販売株式会社」に改称しているようです。

「みんなで大家さん」は、利回り平均6%を誇り、優先劣後システムの採用によって元本割れのリスクが低いという、ローリスクハイリターンな投資商品です。

都市綜研インベストバンクの様々な噂について

都市綜研インベストバンクの「みんなで大家さん」は、投資商品として魅力的であるがゆえに、様々な噂も飛び交っています。

  • ローリスクで利回り6~7%以上実現なんて嘘では?
  • 管理や運営が必要ないって本当?面倒なことがあるのでは?
  • 途中解約しても返金されないのでは?
  • もうすぐ経営破綻するのでは?

上記の上から3つ目までは、すべて「みんなで大家さん」の特徴的な部分です。面倒な不動産管理が必要なく高い利回りを実現し、途中解約すれば元本も返金される。メリットが大きすぎる投資商品故に、これらの話は嘘なのではないかと勘繰る方も多いようです。

また、経営破綻に関しては、2013年に「約32億円の資産過大計上」によって、都市綜研インベストファンドが業務停止処分を受けたことに由来します。

都市綜研インベストバンクの投資体験談

ではどうしたら確実に、手間をかけずに副収入を得ることができるのでしょうか。

株式やFXほど、大きな金額を一度に儲けることはできませんが、確実に資産を増やすことができる投資商品はあります。それが不動産特定共同事業法商品による投資です。なかでも、配当率が6%と、他の同類商品より抜きんでている都市綜研インベストバンクの「みんなで大家さん」が評判となっています。

このカテゴリでは、みんなで大家さんを実際に購入した方々の体験談をご紹介いたします。

都市綜研インベストバンクには好意的な評価が多いのですが、なかにはあまり芳しくない噂も聞かれます。「噂は本当なの?」と気になる方もいらっしゃるでしょう。

それを確かめる上でも参考となる体験談です。実際の投資者ならではの運用感は、みんなで大家さんに興味や関心を持った方の参考となることと思います。また、時間があれば資料を取り寄せたり、実際に説明会に出席してみることもお勧めいたします。

会社員の副業として(30代男性)

子ども2人の4人家族、30代後半のビジネスマンで、マンションのローンがある会社員の副業としてみんなで大家さんの投資を行った体験談についてご紹介します。 子どもの教育費だけでなく、マンションのローン返済があるとどうしても毎月の給料はどんどんなくなってしまいます。そのため、貯蓄ができずにいたそうです。 ですが、不動産投資については、リスクが大きかったり初期投資が必要といったイメージが大きく、あまり積極的になれなかったとのこと。それに、手続きや管理の必要がある不動産だと、会社員として働きながら投資をするのは難しいように感じていたそうです。 しかし、みんなで大家さんの場合は自分で細かい管理をする必要もないことを知り合いから聞き、実際に始めてみることに。他の商品ともいろいろ比較した上で納得して決めたそうです。どのような点に安心できたのか、なにが決め手になったのかなども参考にしてみてください。

総評

こちらの体験談は、「ローリスクで利回り6~7%以上実現なんて嘘では?」と「管理や運営が必要ないって本当?面倒なことがあるのでは?」という噂への回答となっています。中間管理職という忙しい立場にある会社員でもしっかりと利益を得ることができ、FXや株式などのその他の投資商品について学んできた方だからこそ、「みんなで大家さん」のリスクとメリットについて理解できたようです。実際に、株式での投資を行っていましたが、それよりも圧倒的にリスクが低く、メリットが大きい「みんなで大家さん」を投資の中心に据えるようになり、副収入を確保できるようになったのです。

会社員の副業として(30代男性)>>

老後の資金準備のために(60代夫婦)

老後の生活に不安を感じている方も多いはず。ここでは60代の夫婦が不動産投資を行った体験談についてご紹介します。 都心にワンルーム用マンションと、郊外沿線にアパートの物件を持っていたとのことですが、年齢の関係もあり不動産の運営ができなくなってしまったそうです。確かに家賃収入があるのは魅力ですが、不動産には高額の税金もかかってきますよね。 近年騒がれている空き家問題などもあり不安になったそうで、少額から始められる不動産投資としてみんなで大家さんに挑戦してみることに。 初めから大きな投資を行ったわけではなく、旦那さんと奥さんで数口ずつ投資しして本当に大丈夫か様子を見たそうです。 その上で安全性の高さを確認。所有していた賃貸物件を売却し、そのお金もみんなで大家さんに充てているとのことでした。同じような状況で所有している賃貸物件を不安に感じている方も参考になるでしょう。

総評

こちらの体験談は、「管理や運営が必要ないって本当?面倒なことがあるのでは?」という噂への回答です。賃貸用の物件を持っていながら、年齢のため有効に活用することができなかったご夫婦は、「みんなで大家さん」に投資することによって、そこで得た収入を老後の資金として蓄え、不動産物件の管理をする必要がなくなった分、趣味に時間を費やすことができるようになったのです。このご夫婦は、小口での投資から始め、その安全性を確認した上で本格的な投資を始めたというので、「ローリスクで利回り6~7%以上実現なんて嘘では?」という噂の回答にもなっているでしょう。

老後の資金準備のために(60代夫婦)>>

小口化商品で安心投資(20代主婦)

小さなお子さんもいる20代主婦の体験談です。賃貸マンションに住んでいるものの、旦那さんの実家の近くにあるマンション購入を検討しているとのこと。 ただ、子どもが小さいとなかなか働きにも行けないものです。そこで、マンション購入のためにできる資金集めの方法として不動産投資にチャレンジすることに。 他のものもいろいろと検討したようですが、安全性の点で不安に感じてしまったとのことでした。不動産投資をすることに決めた大きな理由は、主婦仲間から都市綜研インベストバンク(現在はみんなで大家さん販売株式会社)を紹介してもらったからだそうです。 商品内容について詳しく探り、旦那さんとも話し合いをして納得できたため、こちらの商品になったとのこと。 不動産投資といっても自分たちですべて行わなければならないわけではないので、子育てが忙しくて働きに行けず、毎日忙しい…といった方も体験談を参考にしてみてください。

総評

こちらの体験談は、「途中解約しても返金されないのでは?」と「管理や運営が必要ないって本当?面倒なことがあるのでは?」という噂への回答となっています。この女性は、子育てと家事を両立させながら、「みんなで大家さん」で副収入を得ています。そのため、不動産の管理や運営をしなくても、しっかりと利益が得られるということになるでしょう。また、この方は途中解約をしているわけではありませんが、パンフレットの請求をして、ご主人と一緒に熟読した結果、途中解約のことを知ったようです。パンフレットは行政による監査が入っていますから、そこに記載されている以上、途中解約に偽りはないでしょう。

小口化商品で安心投資(20代主婦)>>

お店の開業資金に(30代女性)

都市綜研インベストバンクの投資によってドールショップを開いた体験談として、30代女性のお話についてご紹介します。昔から自分のお店を持ち、自分で作った人形を販売するといった夢を持っていたとのこと。 ですが、OLとして働いているだけでは思うように資金は貯まりませんでした。不動産投資に興味を持ったのは、OLをしながらでも資金を稼げるとの理由からだったそうです。 説明会で不安を取り除き、きちんと企業の実績も調べながらどこに投資するのか決めたとのことで、その中で選んだのがみんなで大家さんです。 かなり質問攻めをしたものの、誠実に対応してくれたそうです。投資がうまくいって念願のドールショップをオープンさせた当初は、売上だけでは生活が苦しかったものの、こちらでもみんなで大家さんからの副収入が支えになったそうなので、ただ単に資金集めとしてだけでなくて様々な形でサポート。そんな体験談をまとめました。

総評

こちらの体験談は、「もうすぐ経営破綻するのでは?」と「ローリスクで利回り6~7%以上実現なんて嘘では?」の2つの噂への回答です。この女性は、「企業としての確実性」と「リスクに対する不安の払拭」を実現するために、「みんなで大家さん」の説明会に足を運びました。そこで、企業の実績を中心とした質問を行った結果、担当者の方の説明に納得した上で投資を開始したのです。このことは、企業の土台と理念がしっかりと築かれていると考えられます。また、同時にリスクに対する不安も払拭できたようですが、それは実際に投資によって、開業資金を得ることができたことからもわかるでしょう。

お店の開業資金に(30代女性)>>

※都市綜研インベストバンク株式会社は、2013年2月「みんなで大家さん販売株式会社」に社名変更したようです。