HOME >  投資の種類とリスクを比較 >  投資信託

投資信託

1万円から投資が可能な投資信託。その特徴とリスクを解説します。

投資信託とは?

投資信託(以下、投信)とは、投資家から集めたお金を1つの資金としてまとめ、ファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが株式や債券などに投資・運用し、その成果として生まれた利益を投資家に還元するというものです。

投信は種類も多様ですが、大きく2つに分類されます。

  1. 株式を組み入れて運用することができる「株式投資信託
  2. 株式を組み入れない「公社債投資信託

また、いつでも購入可能な「追加型」と、購入時期が限定されている「単位型」という分け方もあります。

投資信託にかかる手数料

投信は、約1万円から投資することができ、さらに運用のプロに任せることができるので、投資家は何もしなくて良いのです。
しかし、投資・運用をファンドマネージャーに任せるわけですから、その分の手数料がかかります。

簡単に説明すると、主な手数料は5つ。

  1. 購入時手数料
    投信を購入する時に、銀行や証券会社などの販売会社に支払う手数料のことです。また、購入時に手数料がかからない「ノーロード」という商品もございます。
  2. 信託報酬
  3. 監査費用
    この2つは、投信を保有している間にかかる費用です。年会費や月謝だと思っていただければ、わかりやすいですね。
  4. 売買委託手数料
    投資する株式や債券を売買する時にかかる費用のことです。手数料は投信ごとに大きく異なるため、事前に金額を提示することはできません。
  5. 信託財産留保額
    投信を換金する際に、信託財産に留保するお金です。退会手数料のようなものです。

また、それぞれの投信によって、他に費用が発生する場合もあります。

投資信託のリスク

それでは、投信にはどんなリスクがあるのでしょうか。投信の、メリットとデメリットをそれぞれ3つずつあげてみました。

メリット

  • 約1万円からという小額な金額から始められる。
  • 投資の知識がなくても、運用のプロに任せられる。
  • 分散投資が可能なので、ローリスクに抑えられる。

デメリット

  • 手数料が多くかかる。
  • 元本保証ではないため、元本割れのリスクもある。
  • 投資の楽しさや、知識が身につかない。

投信の最大の魅力は、小額な金額からスタートできるという事でしょう。そして、投資の知識がなくてもファンドマネージャーに任せる事ができる事。

これはメリットのようでデメリットでもあります。投資を全てファンドマネージャーに任せる事で、手数料も多くかかってしまいますし、投資の楽しみや、投資家としての知識は身につきにくいからです。
しかし、投資信託は、ローリスク・ローリターンの初心者向けの投資と言われていますので、投資の入門にはピッタリです。