HOME >  投資の種類とリスクを比較 >  FX投資

FX投資

手持ちの資金が少なくても大きな利益を得られるFX投資。その特長とリスクを解説します。

FXの投資方法とその魅力を探る

FX投資とは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略で、米ドルやユーロなど外国の通貨を売買して利益を得る投資方法のことです。

基本は他の投資と同じで「安く買って高く売る」。証拠金を用意すればすぐに始められ、手数料も安いので世界中で多くの人が参加しています。

外国の通貨と日本の円の価値は同じではなく、その価値も日によって変動します。

たとえば1ドル100円のときに10万円買って1ドル110円のときに売れば、1万円の利益になります。

もっと高いときに売れば、さらに利益が得られるでしょう。このように為替レートの変動を利用して、大きな利益を狙うのです。

またスワップポイントという方法もあります。

低金利の日本円で、高金利の外国の通貨を買うのです。

そうすると二国間で金利差が生じるので、持っているだけで利益がでます。金利収入のようなものですが、これは毎日支払われるのでお得です。

為替市場は世界中でオープンしていて、どの市場でも取引できます。

レートも共通なので、24時間いつでもできるのも魅力のひとつです。

FXは本当にハイリスク・ハイリターン?

FXでは取引するときに、全額用意する必要はありません。

最初に小額の資金(証拠金)をFX会社に渡して、それを担保にして最大25倍までの金額の取引ができるのです

この証拠金と取引金額の割合を、レバレッジといいます。このレバレッジを大きくすると、自己資金よりも多い金額の取引ができるようになります。

普通なら10万円の資金なら10万円の取引しかできませんが、10倍のレバレッジを使えば100万円の取引ができるようになるのです。

少ない元手での取引は、大きな利益も期待できますが損失も大きくなります。

レバレッジが10倍なら利益は10倍、損失も10倍となるので、ハイリスク・ハイリターンと言われるのです

しかしこのレバレッジはFXの醍醐味でもありますし、投資をする上で利益と損失がでるのは免れません。

自分はいくらまでなら損をしてもいいのかをよく考えて、レバレッジを調整することが重要になってきます。

儲かったり損したりの変動率の大きさは、レバレッジの大きさによって決まるからです。

また、保証金を預けるわけですから、FX会社選びにも注意しなければなりません。

買値と売値を同時に表示していない、オンラインでの取引をしていない、電話勧誘をしてくるなどの業者は避けたほうがいいでしょう。