HOME >  投資の種類とリスクを比較 >  FX投資

FX投資

手持ちの資金が少なくても大きな利益を得られるFX投資。その特長とリスクを解説します。

FXの投資方法とその魅力を探る

FX投資とは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略で、米ドルやユーロなど外国の通貨を売買して利益を得る投資方法のことです。

基本は他の投資と同じで「安く買って高く売る」。証拠金を用意すればすぐに始められ、手数料も安いので世界中で多くの人が参加しています。

外国の通貨と日本の円の価値は同じではなく、その価値も日によって変動します。

たとえば1ドル100円のときに10万円買って1ドル110円のときに売れば、1万円の利益になります。

もっと高いときに売れば、さらに利益が得られるでしょう。このように為替レートの変動を利用して、大きな利益を狙うのです。

またスワップポイントという方法もあります。

低金利の日本円で、高金利の外国の通貨を買うのです。

そうすると二国間で金利差が生じるので、持っているだけで利益がでます。金利収入のようなものですが、これは毎日支払われるのでお得です。

為替市場は世界中でオープンしていて、どの市場でも取引できます。

レートも共通なので、24時間いつでもできるのも魅力のひとつです。

FXは本当にハイリスク・ハイリターン?

FXでは取引するときに、全額用意する必要はありません。

最初に小額の資金(証拠金)をFX会社に渡して、それを担保にして最大25倍までの金額の取引ができるのです

この証拠金と取引金額の割合を、レバレッジといいます。このレバレッジを大きくすると、自己資金よりも多い金額の取引ができるようになります。

普通なら10万円の資金なら10万円の取引しかできませんが、10倍のレバレッジを使えば100万円の取引ができるようになるのです。

少ない元手での取引は、大きな利益も期待できますが損失も大きくなります。

レバレッジが10倍なら利益は10倍、損失も10倍となるので、ハイリスク・ハイリターンと言われるのです

しかしこのレバレッジはFXの醍醐味でもありますし、投資をする上で利益と損失がでるのは免れません。

自分はいくらまでなら損をしてもいいのかをよく考えて、レバレッジを調整することが重要になってきます。

儲かったり損したりの変動率の大きさは、レバレッジの大きさによって決まるからです。

また、保証金を預けるわけですから、FX会社選びにも注意しなければなりません。

買値と売値を同時に表示していない、オンラインでの取引をしていない、電話勧誘をしてくるなどの業者は避けたほうがいいでしょう。

FX投資の流れ

FXの投資は次のような流れで進みます。

1.口座開設と入金

まずはFXの取引を行える証券会社やFX会社に専用の口座を開設しなければなりません。それぞれどの会社を選択するかによって使用できる取引ツールの使いやすさや信用力は異なってくるので、自分に向いている口座を開設することが大切です。

口座を開設したら取引に必要なお金(証拠金)を入金しておきましょう。いくらの証拠金が必要なのかは注文をする通貨によって異なります。

取引の中で支払うお金はこの証拠金の中から支払われることになるのですが、FX業者によっては最低1万円から証拠金を預けられるところもあるのでチェックしてみましょう。平均すると最低単位は5万円ほどとなっています。

ただ、FXにはレバレッジという仕組みがあり、預けている証拠金の何倍もの額を動かすことも可能です。10万円の証拠金を預けておき、レバレッジ10倍で取引を行えば100万円の通貨を購入することも可能となっています。

しかし、上記例で損失が出た場合は証拠金も10倍の損失を支払うことになるので注意しておきましょう。初心者のうちは少ない証拠金から運用ができるFX投資で経験を積み、慣れてきてから証拠金を増やすようにしましょう。その時もしばらくの間はレバレッジを使用せずに取引を行った方が安心です。

また、損が出た場合は証拠金の残高から差し引かれることになるため、余裕をもって入金しておかなければなりません。証拠金として預けた金額=すべて使えるとは考えないようにしましょう。

2.情報収集

証拠金を入金したからといってすぐに気になる通貨に投資をするのはおすすめできません。まずは必要な情報をしっかり集め、リスクを抑えましょう。ニュースなどをチェックして各国の景気動向について理解しておくことも大切です。

FX投資を行える証券会社などでもチャートや為替情報が確認できます。

3.新規注文をする

チャートなどについてよく確認した上で上昇トレンドだと感じた場合には買い発注を行い、下降トレンドだと感じた場合には売りの発注を行います。

この際には通貨ペアを考えたり、注文のタイプとして成行注文や指値注文、逆指値注文、イフダン注文、オーシーオー注文、イフダンオーシーオー注文などのどれを選択するかについても考えておかなければなりません。

最初に行う取引は新規建てと呼ばれ、これを売却することを決済と言います。新規建てしてから売却する前の間で通貨を持っている状態のことをポジション、または建玉と呼ぶので、このあたりもよく理解しておきましょう。

FXでは買いからだけでなく、売りから入ることも可能です。買いから始めたものはロングポジション、売りから始めたものはショートポジションとも呼ばれます。注意しておかなければならないのが、為替レートは刻々と変化を重ねているということ。そのため、保有しているポジションの価値も常に変わります。

4.ポジションの決済

利益が出るタイミングを見計らい自分が所有している通貨ペアの決済を行います。ただ、ポジションを所有しているだけではまだ損益が確定しているわけではないので注意しておきましょう。

ポジションの決済ができれば取引は終了です。決済が終了することを手仕舞いと呼ぶこともあります。

5.利益の受け取りや損失の支払

受け取り方法はいろいろあるので業者によって選択できる方法を確認しておきましょう。損失が出た場合、証拠金から支払います。また、証拠金不足が発生した場合は不足分を入金しなければなりません。

FXの基本的な流れは注文をしてポジションを持ち、それを決済する非常に単純なものです。ただ、その中には利益を上げるための様々なポイントもありますし、間違うとリスクに繋がるようなものもあります。

取引の流れ自体はそれほど難しいものではありませんが、だからといって利益も簡単にあげられるとは思わない方が良いでしょう。一つ一つの流れと具体的な情報収集の仕方、取引の方法などを正しく理解してから取り組むことが大切です。