HOME >  投資の種類とリスクを比較

投資の種類とリスクを比較

一口に投資といっても、その種類は様々。お金を動かす前に、投資の種類を知り、より自分に合った、リスクの少ない投資方法を選ぶことが大切です。このカテゴリでは、投資の種類やそのリスク、利益などについて解説していきます。

【株式購入】
代表的な投資方法です。株式会社が資金調達のために発行している株式を購入し、売買益や配当金で利益を得ることができます。

【FX】
為替の値動きを利用して、その差額で利益を得る投資。レバレッジをきかせることで少額でも多額の利益が得られる可能性があるので、その分のリスクはありますが、リスク覚悟の投資家などには人気のようです。

【国債】
国が発行している債券のこと。利息によって利益を得ることが出来ます。銀行の預貯金に比べやや利率が高く、投資の中で最も安全性が高いといわれている種類です。

【投資信託】
投資家たちが自分の投資金を投資の専門家に預け、専門家の運用により利益が生じた場合は、その分配金を受け取ることができます。他力本願のようですが、投資機関の運用次第では損失が生じてしまう場合もあるようです。この投資機関のことを“ファンド”と呼んでいます。

【現物投資】
金やプラチナなど、実際に価値のある“もの”を購入することで、変動する価格の差額による売却益から利益を得ることができます。不動産購入も広い意味では現物投資に含まれます。

【社債】
会社が資金調達のため発行している債権を購入して、国債と同じく利息で利益を得る方法。倒産した場合は債券が紙切れになってしまうというリスクがあります。