HOME >  みんなで大家さんの投資価値を徹底検証 >  みんなで大家さんの運用実績

みんなで大家さんの運用実績

ここでは、みんなで大家さんの運用実績に関連して、不動産評価額や利回り、資産状況の推移、出資金の返還システムについて解説します。

みんなで大家さんの運用実績

◆償還時の不動産評価額(元本評価額)と利回り

みんなで大家さんは、過去、償還時に一度も元本割れを起こしたことがありません。また、予想分配金を下回る支払いとなったことも、一度もありません。

なお、みんなで大家さんは、平成19年9月の第1号から、直近の平成28年の第27号まで、合計27商品が発売されています。(そのうち15商品がすでに販売終了または満期を迎えています。)

◆「みんなで大家さん」の資産状況

みんなで大家さんは、順調に資産を増やしており、その資産状況も公表されています。取得不動産の増加と出資者の増加が順調に進んでいる証拠でもあります。

みんなで大家さん第1号が発売されたのは平成19年。その翌年、平成20年には、世界の不動産業界に大きな打撃を与えたリーマンショックがありました。その3年後、平成23年には、東日本大震災もありました。そんな状況下でも資産が増えているのであれば、現在も「みんなで大家さん」は資産を順調に増やしていると考えられます。

資産規模の推移

画像引用元:http://www.kyosei-bank.co.jp/business/marketing/(共生バンク株式会社公式HP)

◆出資金の返還システム

出資金は、満期償還を迎えたときに、最後の分配金とともに返還されます。途中解約した場合には、運用会社への権利譲渡から60日後(営業日換算)に出資金が返還されます。

なお、償還時に不動産評価額が上昇していたとしても、変換される金額は出資金が上限となります。逆に不動産評価額は下落していた場合には、優先劣後システムによって、不利益分を運用会社が優先的に負担するため、元本の保全性は高く確保されます。

すでに説明したとおり、償還時に元本割れを起こした事例は、過去に一度もありません。ただし、これは将来の実績を保証するものではありません。極端な不動産価格の下落や運用会社の倒産、途中解約などにともない元本を割り込む可能性はあります。

実績で判断するならば「みんなで大家さん」は魅力的な投資商品

みんなで大家さんは、投資商品である以上、元本割れや分配金の低下などのリスクは常にあります。

しかしながら、過去、世界経済を混乱させたリーマンショック時を始め、不動産業界を直撃した数々の逆境の中でも、特段に問題なく分配金の支払いと償還をこなしてきました。

実績で見る限りは、安全性の高い魅力的な投資商品であると言えるでしょう。