HOME >  噂の不動産投資を比較 >  アセットリード

アセットリード

株式会社アセットリードが提案する「アセットリード・レジデンシャル投資」の特徴・概要を解説します。

【概要】

アセットリードは2000年に創業し、不動産の新たな価値づくりをモットーに投資用不動産販売事業を行う会社です。 不動産投資のほか、不動産の流動化やCGメディア事業、他金融商品の仲介業などを展開しています。 アセットリードの不動産投資では、短期的に大きなリターンを求めるのではなく、息を長く資産を形成するスタンスを採用しています。 投資、開発、リーシング、パッケージング、資産それぞれの段階でしっかり戦略を練り、小額からの投資で将来設計の実現を手助けします。

【特徴】

  • ローリスク・ミドルリターン

    アセットリードで取り扱っている物件は、東京23区内のコンパクトな居住用マンションが中心です。東京23区内は全国でも賃貸マンションの需要が高く、さらにワンルームタイプに人気が集中するという点が特徴。都内の人気物件を取り扱い、賃料の変動が起きにくい居住用途に限定することで、安定した可動性を生みます。コンパクトな物件ではハイリターンは期待できませんが、その分安定感があり、ローリスクでの運用が可能です。

  • 需要の高い人気物件を厳選

    先にご紹介したように、賃貸マンションの需要が高い東京23区内で、稼働率の高いコンパクトな物件を取り扱っているアセットリードですが、さらに「上質で良質な物件であること」をモットーにしています。華やかなデザイナーズ物件ではなく、設備の質の高さ、セキュリティの確実性、環境に優しいエコロジーをメインに据え、長期的に利用できる物件を開発しているので、時代が変化して需要がなくなるというリスクが軽減されます。

  • 専門家による入居者募集サポート

    物件の入居者募集を行うのは、新宿、新橋、渋谷、亀戸の店舗にいる賃貸の専門家です。山手線のターミナル駅となるこれらのエリアに店舗を構えることによって、より多くの集客を行うとともに、不動産ポータルサイトも積極的に活用していきます。近年は店舗よりもウェブ上での物件探しが主流となっていますが、ほぼすべてのポータルサイトに物件を掲載し、店舗への集客を図り、最終的に賃貸の専門家が物件を勧める、という流れが完成しています。

  • 空室時の家賃保障システムを採用

    アセットリードでは「トータルサポートリース業務」を行っており、空室のリスクや管理業務の煩わしさを大きく軽減させます。トータルサポートリース業務はいわゆるサブリース契約のことで、アセットリードが物件を借上げ、毎月の賃料はアセットリードから振り込まれるという仕組みです。たとえ、所持している物件が全て空室であったとしても毎月の賃料は保証されるので、安定した収益を得ることができるでしょう。

  • 苦情・トラブル、入退去時のクリーニング処理代行

    グループ会社である「アセットナビ」との連携によって、入居者からのトラブルの対応、家賃の管理、退去時のリフォームやクリーニングなどをすべて行います。このシステムを使えば、物件オーナーがするべきことは何もないといっても過言ではなく、入居者募集から入居者の選定、入居中の管理、退去時の処理まで、すべてを一元管理してもらえます。物件や賃料の管理、退去時の立会いもなくなるので、オーナーは物件を所持しているだけで収益が得られるのです。

アセットリードの噂・評判をチェック

アセットリードの良い口コミ

メリットだけではなくデメリットも説明してくれた

過去にも不動産投資を何回か経験してきて、説明もたくさん受けてきました。そこではメリットの説明は積極的にしてくれる企業がほとんどでした。

しかしデメリットについては、こちらから突っ込んで聞いていかないと説明してくれませんでした。それも無理はありません。わざわざ会社のデメリットを話していく担当者などいないからです。

ところがこちらのアセットリードは、一つひとつの話に対してメリットとデメリットが潜んでいることを話してくれたのです。こちらもメリットばかり伝えられても、物事には必ずデメリットが潜んでいることぐらい、なんとなく分かっています。そのデメリットに対しても詳しく説明してくれたので、信用してこちらを利用することにしました。(40代 ビジネスマン)

駅近物件で状態が良いものばかり

不動産の良い条件といて、状態が良いことと駅に近いことは必須ではないでしょうか?理由はもちろん、状態が良く綺麗なマンションへ誰だって住みたいですし、公共機関へのアクセスの良さは、毎日の生活基盤の土台となります。

そこでアセットリードでは駅から10分以内で綺麗な物件を取り揃え、長期的な利用者を増やしているそうです。実際に投資を始めてからというもの空き家率も低く、元本割れとは無縁な状況です。むしろ毎月安定した収入が入ってきて助かっています。(30代 主婦)

アセットリードの悪い口コミ

高級物件が多い故に……

アセットリードの物件は、駅近高級物件が多いので家賃は高くなります。家賃が高いということは、もしも少しの空室が出てしまっただけで収益の下落は大きくなり、ハイリターンにもなり得ますがリスクもそれだけ高くなります。(30代 男性)

ワンルームマンションが多い

都内を中心に物件が揃えられておるのは、空室が出来にくく非常に良いように思えますが、ワンルームマンションが多いのが気になりました。ワンルームマンションというのは、一人用住居として使用する方が多く長期で借りる方もいらっしゃいますが、入れ代わりが激しいのはネックになります。入れ替わりが激しいということは、空室の出来る可能性というのが高く、その分利益率の下がる可能性も高くなります。まあワンルームマンションに投資をしなければ良いことなのですが。(40代 会社員)

アセットリードの噂の真相

23区内という賃貸マンションの需要が高い場所を積極的に採用して、投資信託を行っているのがアセットリードの強みです。さらに駅近物件かつ、状態の良い物件を提供することで他社との差別化を図ってきました。

そのことから常に満室に近い状態で経営を維持していけるので、投資家にも安定した収入が入ってきます。これは過疎地で状態が良い賃貸マンションを貸し出してもなかなか実現しにくいものなのです。リフォーム修繕や、賃貸管理など投資家は全てアセットリードへ任せておけば良いので、オーナーとしてとくに行うことはありません。

そのため通常に働いて会社から毎月給料を貰っていながら、家賃収入が自動的に入ってくるといった、副業として利用する方も増えているのです。家賃が高いことで空室が出てしまうと打撃が大きいというような声もありますが、都内という部屋数が限られ供給が追いつかないような物件へ投資が行えるので、空室が多い物件へ投資をしてしまう可能性はなさそうです。