HOME >  都市綜研インベストバンクの企業情報 >  不動産ファンド事業

不動産ファンド事業

都市綜研インベストバンクでは、自社開発した物件を組み入れた不動産ファンドの運営をしています。

※都市綜研インベストバンク株式会社は、2013年2月「みんなで大家さん販売株式会社」に社名変更したようです。

高利回りで人気の投資商品を販売

不動産特定共同事業法にもとづいた事業で、シニアの方々をメインに資産運用をサポートしている事業です。展開している事業には次のようなものがあります。なかでも、「みんなで大家さん」は利回りのよさから人気の商品となっています。

◆みんなで大家さん(募集口数限定)

  • 利回りの高さを実現(想定配分率5.0%~7.5%)
  • 独自に開発した元本保全型の投資商品
    ※出資法により元本の保証は禁止されているが、元本の評価額が下落した場合でも、下落が20%以内であれば元本評価にき損が生じないしくみとなっている。
  • 匿名組合出資方式

◆法人向け事業

  • 不動産の証券化
  • 保有物件の有効活用などの運用コンサルティング等
  • 保有物件の運営、管理等のプロパティマネジメント

不動産ファンド事業の実績と評判

【おもな実績】

「みんなで大家さん」はシリーズ化されており、1号~5号までが発売されています(2011年3月4日現在)。物件ごとに販売実績も好評され、予定分配率を下回ったことがない実績にある商品です。

【特徴】

「みんなで大家さん」シリーズは1口100万円からと、不動産投資としては小額からはじめられることもあり、投資ビギナーでも低リスクでできます。 途中解約もできるので、現金が必要になったときなどに換金化することもできるので便利で安心です。 また、マネー誌にも掲載されたこともあり、評判は上々のようです。他社の商品と比較されることも多々あり、比較するとその利回りのよさは目を引きます。

【購入者の声】

  • 「はじめはボーナスで1口申し込んだ。利回りがよかったので、満期になったら定期分で追加購入を検討しています」(30代OL)
  • 「妻から勧められて購入しましたが、副業代わりにもなりいまではとても満足しています」(40代自営業男性)
  • 「老後の資金の足しにしようと思い、契約しました。現金化も可能なので安心して運用しています」(50代夫婦)