HOME >  都市綜研インベストバンクの企業情報

都市綜研インベストバンクの企業情報

利回り(想定配当率6%)と、元本割れしたことのない元本保全率の高さから、投資家はもちろんのこと、投資初心者である高齢者や主婦にも人気がある「みんなで大家さん」。

この商品を扱っているのが、都市綜研インベストバンクという企業です。2013年2月に、社名が変更され、現在は「みんなで大家さん販売株式会社」となっています。雑誌などで取上げられることもあるので、ご存じの方も多くいるのではないでしょうか。

このカテゴリでは、都市綜研インベストバンクについて、企業情報や内容を調査したうえで項目ごとにまとめました。

みんなで大家さんで有名な企業ですが、投資商品以外にもいろいろ事業に力を入れており、それぞれの分野で実績を残しています。

企業概要や特徴、同社の主事業である4つの事業、「不動産ファンド事業」「シニア向けマンション事業」「ホテル運営受諾事業」「不動産開発事業」についてのそれぞれの魅力をご紹介するとともに、気になる運用実績や購入した人の感想、利用者の評判についても掲載しています。

特に、都市綜研インベストバンクの強みである「不動産ファンド」、つまり、不動産投資にはいくつか種類があり、企業ごとに扱っている内容や強みは異なります。これから不動産投資商品の購入を検討している、財テクを勉強しはじめた方は参考にしてください。また、都市綜研インベストバンクについて知りたい方や「評判が気になっていた」「興味があった」という方もぜひご覧ください。少しでも皆さまの投資のお役に立てればと存じます。

都市綜研インベストバンクの企業情報

設立されたのは1998年です。これまでに240億円を超える資産運用規模実績があるため、実績豊富な企業に注目している方からも選ばれています。

都市綜研インベストバンクの大きな特徴ともいえるのが、「共生」を事業理念に掲げているということ。人や環境のために生きることを基本に考え、様々な事業に取り組んでいるのです。

現在は高齢化社会の問題が騒がれていますよね。今後は更に超高齢化社会になるとの見通しが立っているわけですが、都市綜研インベストバンク会長の栁瀬氏は会社を設立した当初から高齢化社会の問題に着目し、事業展開についてもシニア向けのものも目指してきました。

高齢化社会の問題が注目されるようになったのは最近のことともいえるので、いち早く動き出していた企業といえるのではないでしょうか。

現在行われているシニア向けマンション事業では日本初となるシニアマンションを企画・建設したことでも注目されています。このシニアマンションでは徹底した食事管理などを行い、毎日異なる献立を提供しているのも特徴です。

その中でしっかりした栄養バランスの整った食事を365日1日3食とりながら健康的に快適に生活するためのコミュニティが作り上げられています。

「みんなで大家さん」が作られた背景

資産運用を検討している方の中でも注目されている商品が「みんなで大家さん」です。実はこちらの商品は、もともと高齢化社会において多くの方が老後の資金繰りに悩むことを想定して作られたサービスだといえるでしょう。

老後に考えられる収入の中心といえば年金ですよね。しかし、すべての生活資金を年金のみで賄える世帯は全体の3%程度だといわれているのです。

つまり、ほとんどの世帯は年金のみでやりくりするのは不可能だということ。都市綜研インベストバンクが開発したみんなで大家さんは投資によって確保した家賃収入を年金収入だけでは賄えない生活資金に充ててもらおうと作られた商品です。

実際にみんなで大家さんを購入している方や、調べたことがある方ならわかるかもしれませんが、こちらの不動産投資商品は隔月分配型の特徴を持っています。これは年金収入がない月に配当収入が得られる形となっているのです。

年金収入に頼って生活している方の場合、年金収入の無い月は不安に思ったり、気持ちも暗くなってしまうことがあるでしょう。そこに定期的な収入が期待できるみんなで大家さんが加われば老後の生活資金不足の不安も小さくなるはずです。

みんなで大家さんは年金受給者が安心して生活できるように資産の絶対運用ができる商品を目指しています。

高齢化の問題はこれから更に加速するため、重要について伸びていくのは間違いないでしょう。代表取締役である森村氏は需要創造型事業の一環としてシニアのライフサポートができるサービスに注目しており、ビジネスの中での社会貢献に力を入れています。

また、現在年金収入とは関係のない世帯の方だったとしても、将来の収入や年金の支給について不安を抱えている方は多いでしょう。そういった方もぜひみんなで大家さんについてチェックしてみてくださいね。

実際、もともとシニア応援のために開発された商品ではありますが、現在では20~30代といった若い世代の中にもみんなで大家さんによる資産運用を行っている方が増えています。多くの方が年金問題に不安を抱えていることもあり、今後は更に利用者が増えていくことでしょう。

高齢をいかにして支えていくかということが注目されやすい一方で、都市綜研インベストバンクは高齢者自身の自立を支援していくための事業を行っています。みんなで大家さんは過去に一度も予想利回りを下回ったことがないなど、実績もある商品となっているので、皆で大家さんや都市綜研インベストバンクの今後にもぜひ注目してみてくださいね。